2021年3月に開催された「おおさき若者会議」というイベントで小学生向けのプログラミング教室をRobomatchプロジェクト代表の阿部が企画し、大崎市の小学生にプログラミングの楽しさを知ってもらいたいという思いで、古川黎明高校3年だった当時、ロボカップジュニアというロボットにプログラミングをして、サッカーなどをする大会で全国大会に4度進出したメンバーが中心となってまちづくり団体Avainのサポートを受けて活動を始めました。

小学生のプログラミングやロボットを学びたいという気持ちにこたえられるようなイベントを作りたいと日々改良を重ねています。

今は大多数のメンバーが大学などに進学し、大半が県外にいますが、イベントをする機会が限られているので限られた機会を有効的に利用していきたいと思っています。